【荒野行動】マップ攻略!最新エリア危険度ランキング【嵐の半島】5/25更新

【荒野行動】マップ攻略!最新エリア危険度ランキング【嵐の半島】

荒野行動-スマホ版バトロワのエリア危険度ランキング(順位)を紹介しています。パラシュート降下で降りる定番スポット、マップ攻略をしたい方、物資が豊富な激戦区で序盤から銃の撃ち合いに参加したい方や人気のないエリアで潜伏したい方におすすめです。流行りのエリアを熟知し、ドン勝を食べましょう!

エリア危険度の基準

危険なエリアの基準は大きく2つになります。

物資の豊富な地域は人が集まる

序盤から装備を整える事のできる地域は、自然と人が集まるスポットになるので、序盤から戦闘が多発する激戦区となります。生き残るためにはマップの知識や上手な立ち回りをが必要となる為、危険です。

エリア移動のリスクが大きい地域

飛行機の航路や毒ガスによる安全スポットの収縮具合に左右されますが、激戦区に挟まれた地域や移動に橋を経由する島などは、移動する場合、大きなリスクが伴います。

1位.水工場

マップの中心に位置し物資も豊富

マップ中央に位置し、エリアの広さもそこそこあり、物資量も多い。人気になる理由が多いため危険度が高い。ドン勝よりもキル数優先のプレイングをしているプレイヤーにはおすすめのエリア。南東に「河辺の集落」があり、移動してきて戦闘になりやすい。ソロで降下する場合は要注意。
水工場のマップ攻略はこちら

2位.河辺の集落

「水工場」に近いエリア

危険度1位の「水工場」の南東に位置するエリア。激戦を勝ち抜いたプレイヤーがさらなる物資を求めて移動してくる可能性が高く、長時間の滞在は危険。またADSやAPSの出現情報が上がっているエリア。危険だが行ってみる価値は高そうだ。
河辺の集落のマップ攻略はこちら

3位.都心新区

マップ中心に近く、建物が多い

都心新区はマップ中央やや北西に位置するエリア。家屋が多く配置されており、接近戦・遭遇戦になりやすい。建物が多いので必然的に物資量は多い。プレイした体感では車の出現確率も高そうなので、最低限物資を確保したら移動してしまうのもアリ。
都心新区のマップ攻略はこちら

4位.廃駅&デパート

距離が近い2つのエリア

廃駅とデパートはとても近い距離に位置しているのでまとめて4位とした。「廃駅」はロケット発射場の北西まで汽車の線路が伸びており、乗って移動することもできる。物資自体は少なめのエリア。「デパート」はとても大きな商業施設からなるエリアで、物資量が多く屋内戦になりやすい。初めて行く場合はミニマップを気にしつつ探索しないと方向感覚を失ってしまうだろう。
廃駅のマップ攻略はこちら

デパートのマップ攻略はこちら

5位.豊の町

中心からやや離れているが物資量が豊富

豊の町はマップ西端に位置するエリア。マップ中心からはやや離れているが、都心新区と同じく建物が多く物資料が豊富。ヘリのルートによってはこちらの方が狙い目の場合もあるだろう。安全地帯が東側の場合は早めに移動しなければならないので、エリア縮小の時間には気を配っておこう。
豊の町のマップ攻略はこちら

6位以降の危険度ランキング

順位 場所
6位 湖畔の別荘
7位 リゾート地
8位 北港
9位 石油プラットフォーム
10位 泊の村

新マップ最新情報はこちら 荒野行動-スマホ版バトロワ攻略TOP