タカラトミーとHobbyJAPANの強力タッグ!「ウォーブレ」をレビュー!

タカラトミーとHobbyJAPANの強力タッグ!「ウォーブレ」をレビュー!

ウォーブレの遊び方や序盤の進め方、編集部のオススメポイントなどを紹介しているので、ウォーブレをプレイしようとしている人は参考にしてください。

ゲーム名:ウォーブレ (WAR OF BRAINS)
ジャンル:カードゲーム
提供元:株式会社タカラトミー
配信マーケット:AppStore・Google Play Store

編集部からのオススメポイント
スマホに合わせた簡単なルールで誰でも手軽に遊べる
TCGならではの奥深い戦略性
カードは全て、超豪華声優が命を吹き込んだフルボイス。

編集部のレビュー

国を背負った戦い…壮大なストーリーを堪能しよう

西暦2091年、戦争疲弊とコンピュータの発達により、 紛争の勝敗を「国際電子裁判所」による「模擬実験」に委ねる条約が国連にて締結された。時を同じくして電子カードゲーム「WAR OF BRAINS」が発表された。「国際電子裁判所」が模擬実験の要素の一つとして「WAR OF BRAINS」での各国の成績を参考にしているという噂が世界各国に爆発的に広がる。 各国は軍事予算を「WAR OF BRAINS」に充て、強力なカードは裏社会の国際通貨となった。 戦争はカードゲームに形を変え、軍事力を持たない国に「WAR OF BRAINS」という武器を与えた…。カードゲームというジャンルでこんなにストーリー性のあるゲームはウォーブレ (WAR OF BRAINS)だけと言えるだろう。

世界初!耳で楽しむカードゲーム

カードは全て、田村ゆかりや佐倉綾音などの超豪華声優が命を吹き込んだフルボイス。登場や攻撃、やられた時などあらゆる場面でしゃべりまくるぞ。さらにバトルを彩る大量多彩のBGMがバトルを盛り上げる!数あるデジタルTCGのできとしては、文句なしに最高レベルの出来と言えるだろう。

戦略性の高さが魅力的

ウォーブレでは3ターン目以降からはPPを増やすか、PPを増やさない代わりにドローするかを選択できるのが特徴的である。また国により効果が異なる大技や味方のユニットが破壊されて溜まる「ソウル」を放てば逆転も狙えるぞ。対戦の駆け引きをより熱くするシステム搭載で、誰もが夢中になること間違いナシだ。

ゲームの流れ

1.リセマラしよう

ウォーブレはDCGの中でもかなりリセマラの恩恵を受けられるゲームだ。なぜなら最高レアリティのカードは同名カード1枚までしか入れることが出来ないので、1枚でもデッキに合う最高レアリティカード(以下GC)を入手できたら、スムーズにデッキを作成することが可能になるんだ。その点、他のスマホカードゲームよりも易しいと言える。 また、このゲームは国固有のレアリティカードが非常に強力なので、自分がやりたい国のレアリティカードを狙うことをおすすめするぞ。

2.SOLOモードからプレイしよう

チュートリアル後はまずSOLOモードから「STORY(STORY)」でCPUと対決するのがおすすめだ。各国家の中から好きなものを選択できLAPISならLAPISのデッキで対決ができるぞ。メリットとして、実際のバトルの流れで『ウォーブレ』が学べて、ステージをクリアするとビットやニューロといった報酬も獲得できる。ここで手に入ったビットは積極的にカード資産に役立てていこう。

3.ミッションをクリアしよう

ソロモードである程度ウォーブレ (WAR OF BRAINS)に慣れてきたら、ミッションをクリアしていこう。ミッションからはニューロやパックチケットのほかに、プロモーションパックが受け取れるぞ。特に最初のうちは、ミッションを達成することがデッキ強化への近道になるので、優先的にクリアしていこう。ミッションのほかにもアチーブメントとイベントも用意されているんだ。アチーブメントには期間が設定されてないのでクリアできるものからやっていくのも有り。だが、イベントは期間限定のものになるので場合によっては優先的にクリアしていくほうが良い場合もあるので確認しながらプレイしていこう。

ゲーム名:ウォーブレ (WAR OF BRAINS)
ジャンル:カードゲーム
提供元:株式会社タカラトミー
配信マーケット:AppStore・Google Play Store