【ファイアーエムブレムヒーローズ】アップデート情報

【ファイアーエムブレムヒーローズ】ver1.7.0アップデート情報

2017年9月06日

この記事を3行でまとめると…
英雄同士の「支援」を追加
「召喚師との絆の契り」を追加
スキル継承に検索機能を追加

■英雄同士の「支援」を追加
英雄同士で互いの絆を深める「支援」を追加。
「支援」は二人の英雄同士のペアで、「特別強化」から設定できる。
バトルに二人のペアを出撃させ、レベル35以上の敵とバトルを行うことで、「支援レベル」がC~Sまで上昇。

「支援」関係にある二人の英雄が近くにいると、バトル中の能力値が上昇。
英雄同士が隣接している時と、1マス離れている時で効果が異なる。

支援レベル上昇値(隣接)上昇値(1マス離)
C魔防+2魔防+1
B守備・魔防+2守備・魔防+1
A速さ・守備・魔防+2速さ・守備・魔防+1
S攻撃・速さ・守備・魔防+2攻撃・速さ・守備・魔防+1

※「支援」の組み合わせは何度でも変更することができますが、一度支援レベルを上昇させていた組み合わせでも、再度組み合わせた時には支援レベルC
※「支援」は何組でも作成することができますが、一人の英雄が複数の相手と同時に「支援」関係になることはできない
※同一の英雄を複数所持していても、それぞれ別の相手と「支援」関係になることはできない

■「召喚師との絆の契り」を追加
お気に入りの英雄の能力を上昇させる「召喚師との絆の契り」を追加。
「支援」と同じく「特別強化」から設定。

「召喚師との絆の契り」を結べる英雄は一人だけで、契りを結んだ英雄が出撃し、レベル35以上の敵とバトルを行うことで、「絆レベル」がC~Sまで上昇。
「絆レベル」に応じて、バトル中の能力値が上昇。

絆レベル上昇値
CHP+3、魔防+2
BHP+4、守備・魔防+2
AHP+4、速さ・守備・魔防+2
SHP+5、攻撃・速さ・守備・魔防+2

※「召喚師との絆の契り」を行う対象は何度でも変更できますが、一度絆レベルを上昇させていた英雄でも、再度契りを結んだ時には支援レベルC
※同一の英雄を複数所持している場合、「召喚師との絆の契り」ではそれぞれ別の英雄として扱う
※「支援」と「召喚師との絆の契り」の効果は重複

■スキル継承に検索機能を追加
スキル継承で、スキルから英雄を検索する機能を追加。
「フィルタ」と検索したいスキルを設定すると、そのスキルを習得できる英雄にチェックマークがつく。(グレーのマークがつく英雄は、覚醒でレアリティを上げればそのスキルを習得できる英雄)

■その他の変更点
・「縛鎖の闘技場」にて、闘技場と同じように防衛成功時にスコアを獲得。
 9/12に開始するシーズンから、変更が反映。
・画面上部の部隊選択枠に、部隊番号を表示。
 部隊番号をタップすると、部隊名を確認可能。
・環境設定に「マップ演出省略」「おまかせ時演出省略」を追加。