【パネしり】初心者向けしりとり攻略!便利読みと裏読みを網羅せよ!

【パネしり】初心者向けしりとり攻略!便利読みと裏読みを網羅せよ!

1.煮詰まったときの人名パネル

パネしりには従来のワギャンと違ってヒントが用意されている。ヒントを選択すると、その時使用することができるパネルを1枚だけ教えてくれる(1回のみ)。制限時間内により多くのパネル(文字数)を答えることがハイスコアを狙う肝なので、少しでも答えに煮詰まったら積極的にヒントを使おう。ただし、その前に絶対に使いたいのが「人名パネル」。人名パネルは毎回右下に必ず登場する人型イラストのものだ。なんとこのパネル、どんなワードの時も必ずそれらしい人名の読み方で使用できるとんでもないパネルなのだ。答えが出てこない時に人名パネルよりも先にヒントを選択してしまうと「人名パネルが使えるよ」といった旨を教えられてヒントを使い終えてしまうことがある。とても損をした気分になるので、わからない時はヒントよりもまず人名パネルを使用するのがおすすめ。

2.「○○もの」で素早く数を稼げ!

ワギャンのしりとりといえば、1枚のイラストパネルに複数の読み方があることで有名。今回、ぜひ知ってほしいのが「○○もの」という読み方。パネルは毎回ランダムで選ばれるが、多くの割合で以下の「○○もの」が隠れている。

おすすめ便利読み「○○もの」

・たべもの
・のみもの
・いきもの
・のりもの
上記のパネルの中だけでも、
「たべもの」…にんじん、のり巻き
「のみもの」…コーラ、ビール
「いきもの」…クマ、スズメ
「のりもの」…飛行機、船
が使える。
特に、「のみもの」「のりもの」はいずれも「の」で始まり「の」で終わるため、「のみもの(コーラ)」→「のみもの(ビール)」→「のりもの(飛行機)」→「のりもの(船)」と、4つのパネルを連続して瞬時に消していくことができる。まずゲームに入ったら「○○もの」がないかを探すクセをつけておくとよい。
ちなみに、上記以外の「○○もの」では、「われもの」「あまいもの」「くだもの」「やきもの」などがある。クマのパネルは「けもの」でも可。

3.長文裏読み「すごいよみ」を網羅せよ!

「そんな読み方アリ!?」と思える読み方もあるのがワギャンしりとりの醍醐味。このパネしりでは読み方にそれぞれレアリティが設定されており、「ふつう」「うら」「すごいよみ」といった分類がされている。しりとりでは、使うパネルの文字数が長ければ長いほどハイスコアが伸びるため、できるだけ文字数の長い裏読み「すごいよみ」を知っておくとよい。

「すごいよみ」一例

・未確認飛行物体(UFO)
・公共交通機関(電車)
・情報化社会(パソコン)
・中秋の名月(月)
・緑黄色野菜(ニンジン)

まとめ

しりとりでハイスコアを伸ばし、ランキングで友達と競うもよし。また、使用するたびに読み方が追加されていく「よみかたじてん」で読み方をコレクションしていくのもよし。読み方はなんと1300以上!古くからのファンもぜひ楽しんで!

ゲーム名:ワギャンのパネルしりとり〜ドット絵の連想パズルゲーム〜
ジャンル:パズル
提供元:daisuke uehara
配信マーケット:AppStore・Google Play Store