【PUBGモバイル】終盤の立ち回りとタイマンで勝つコツ

【PUBGモバイル】終盤の立ち回りと決戦で勝つコツ

PUBGモバイル(全軍出撃/刺激戦場)のソロプレイにおける立ち回りのコツを紹介しています。終盤での立ち回りや、タイマン(1vs1)で勝つコツを解説しているので、プレイする時の参考にしてください。

終盤の潜伏場所

安全地帯の中心は危険

人数が20人未満になってくると、いよいよ終盤戦となる。終盤では安全地帯の中心部は警戒されがちで、四方から狙われるため危険性が高い。安全に身籠れる建物があればいいが、無い場合は安全地帯の縁に身を潜め、周囲の安全を確認しよう。

木や茂みの潜伏

エリアが小さくなるにつれ、遮断物を投擲物で破壊して確認するプレイヤーが多くなる。なるべく建物内に潜伏するようにしたい。

終盤の銃撃戦

5人以上の場合

生存人数が5人以上の場合、見つけた敵は優先的に倒してしまおう。人数が多いため、射撃を行っても他のプレイヤーの銃撃音で身バレする危険性は低い。

4人以下の場合

生存人数が4人以下になってくると、銃撃音による身バレの危険性が高くなってくる。なるべく他のプレイヤー同士で潰し合うのを待ち、敵が見えてもこちらの脅威にならない場合は泳がせておく。

3人以下の場合

4人から3人に減ったら、銃声を頼りに狙撃者を見つけだそう。この時、狙撃者ではないプレイヤーを見つけたら即座に倒し、狙撃者を見つけた場合は、エリア縮小で移動するタイミングを狙って倒そう。

決戦で勝つには

投擲物が勝敗を決める

残り2人になってくると、投擲物が勝敗を決める事が多い。遮断物への移動の際には、身を隠せるスモークグレネードが活躍する。また、手榴弾があれば、木などの遮断物に隠れた敵にも攻撃しやすく、牽制にも使える。最後は自分の腕を信じ、落ち着いて対処しよう。

PUBGモバイル攻略TOPはこちら