【荒野行動】敵の見つけ方と敵位置の判断方法

【荒野行動】敵の見つけ方と敵位置の判断方法


対戦型ゲームでは敵を見つけ、敵の位置を判断できれば、生存率と戦略が大きく変化します!荒野行動-スマホ版バトロワの敵の見つけ方、敵位置の判断方法を紹介しています。

音で判断する

FPS経験者ならお馴染みの音判断。足音、銃声などで敵がどこにいるかが判断できる。

音の方向や大きさで距離を判断

音のなる方向や大きさで、距離なども予測することが可能。距離が近いほど大きく、遠いほど小さく銃声や足音、車の音が聞こえる。敵が大体どのあたりにいるのか、聞き分けられるようになろう。

音による索敵の対応策

移動時はなるべく直線移動を避けた方が良い。周囲の音を観察するのが重要なこのゲームでは、プレイ時はイヤホンをすることをオススメする。

人数や武器の把握は上級者向け

ゲームに慣れてきた方は、音を聞いて武器の種類や、敵の人数を判断できるようになろう。武器によってもなるが異なっているので、覚えてしまえば楽に敵を攻めることが出来る。

視覚で判断する

当たり前のようだが、実は奥が深い。銃の発火炎、弾道で敵の位置を判断するのも重要なスキルだ。

スコープで索敵を行う


倍率の高いスコープを使用して遠い距離でも索敵することが出来ます。しかしこの場合視界が選幕なってしますのが難点。スコープで覗いてるスキに攻撃を受けないよう、通常の視点で違和感を探し、スコープを使っての確認という流れで、狙っていこう。

マズルフラッシュを見落とさない


発砲時に発光されるマズルフラッシュを見落とさないようにしましょう。マズルフラッシュが見えた崎には必ず射撃者がいるので注意。しかし消炎器や消音器がついている銃は発光されません。

サプレッサー対策

万一、音も発火もしないサプレッサーを装着した敵に遭遇した場合、遮蔽物に身を隠し、遮蔽物や地面の弾孔で大体の敵位置は把握できる。特に終盤戦、安全範囲が狭くなった後では、こういったコツが勝敗を分ける。

視覚による索敵の対応策

フラッシュサプレッサーを使えば、銃の発射で敵位置を判断されない。ただゲーム内ではフラッシュサプレッサーの数が少ないのが難点。

ダメージで判断する

敵に攻撃されると、画面に緑色の方向指示が表示される。

ダメージによる索敵の対応策

確実に敵がいることが分かるが、精確な位置まで判断するのは難しい。そのため、S字型で回避しつつ遮蔽物に移動して、視覚や音で、正確な位置を割り出そう。

マップを常に確認

近くにいる敵はマップ上に表示される。マップの位置で敵の方向を判断して、視覚や音で敵の距離を測ろう。音がハッキリするほど、敵が近くにいる証明だ。

▲乗り物の音ヒントアイコン

▲銃声ヒントアイコン

キルログで判断

キルを受けたユーザーの名前が画面上にキルログとなって表示されます。

キルログで武器や敵の位置確認

どのユーザーが何の武器で倒したのかの情報を得ることが出来、生き残っているユーザーと武器の把握をすることが出来る。キルログは人数が少ない終盤ほど活躍してくる。使い方によっては、うまく立ち回る最高のヒントにもなる。
荒野行動-スマホ版バトロワ攻略TOP