【荒野行動】メンバーの救助方法と注意事項

【荒野行動】メンバーの救助方法と注意事項


荒野行動-スマホ版バトロワでマルチプレイ時の仲間の救済方法と注意事項について紹介しています。マルチプレイで仲間を助ける方法や、どういった状況で助けるべきなのかについて知りたい方は参考にしてください。

メンバーの救済

チームを組んでいて倒された場合、すぐに死亡せず、HPバーが赤くなり徐々に減少する。赤いゲージが無くなる前に救助すれば復帰ができるが、倒された回数により、赤いゲージの減少が早くなるので要注意。

救済方法

倒されたメンバーの近くに移動して、画面上に出てくる救助アイコンをタップすると、救助が始まる。10秒のカウントダウンが終了すると、メンバーは体力10%の状態で復帰する。

救助するべき状況

周囲に敵がいない

味方が倒された後に相手も倒れ、周囲に他の敵がいない場合。ただし、空き地や凹んだ地形では狙われやすい為、救助中は細心の注意が必要。

建物内で敵がいない

味方が建物内に倒れていて、建物内に敵がいない場合。ただし、遠距離からの狙撃もあり得るため、窓辺やドアなど様子が見られる場所に注意しつつ救助しよう。

主力プレイヤーの救済

倒れたメンバーがかなりの実力者、チームのリーダー的存在の場合。「この人がいれば勝てる!」と思うほどのプレイヤーであれば、多少の危険を冒してもいいだろう。

救助を諦める状況

周囲に敵がいる

周囲にまだ敵がいる場合や、味方が倒れた後、敵の位置が判断できない場合。救助中を狙うプレイヤーも多数存在しているため、この場合は残念だがあきらめよう。

周囲に建物や隠れられる場所がない

周囲が何もないような場所の場合、敵に見つかる可能性が非常に高いのでできるだけ救済するのはやめるほうが賢明だろう。

戦力として期待できないメンバー

ノラパーティであからさまにチームの和を乱すプレイヤーに当たった場合。この場合、逆にそのメンバーの遺留品をエサにして、敵を釣った方がいいだろう。

注意すべき点

囮の可能性

戦争映画のように倒れたプレイヤーをエサにして、救助に来たプレイヤーを狙うのも常套手段だ。周囲に敵が隠れているような場所はないか、よく確認しよう。
▲救済の際は周囲に必ず敵がいるため、注意を怠らないようにしよう

荒野行動-スマホ版バトロワ攻略TOP