【荒野行動】狙撃大戦闘で活躍する5つのコツ

【荒野行動】狙撃大戦闘で活躍する5つのコツ

荒野行動-スマホ版バトロワの狙撃大戦闘(狙撃大作戦モード)で活躍するための方法やコツを紹介しています。狙撃大戦闘でうまく立ち回りたい方やドン勝したい方は参考にしてください。

狙撃好きにはたまらない狙撃大戦闘。狙撃銃だけでの戦闘のため、通常とまた違ったテクニックが必要になる。狙撃大戦闘で活躍するための5つのポイントを紹介していこう。

狙撃大戦闘とは

狙撃銃のみで戦うモード

基本的には通常のルールと同じく、武器を入手して敵を撃破していき、最後の一人まで残ると勝利となる。通常と異なる点は、狙撃銃しか武器が出現しない点。他の銃器や近接武器が出現しないようになっている。
狙撃大作戦モードのルールとオススメ武器

1.落下地点

飛行ルートから離れる

狙撃大戦闘モードでは狙撃銃のみが入手できるため、各エリアの資源がほぼ同じになる。資源獲得のためにCentral City(中央都市)へ落下しても有利にはなれない。

人気の少ないエリアに降りる

飛行ルートからできるだけ離れた、人が集まらないようなエリアに降りるのがおすすめ。もちろん、落下中の周囲の敵の確認も怠らないようにしよう。
全体マップを確認

2.基本的な立ち回り

安全エリアのギリギリで立ち回る

本モードでは匍匐して待ち構えるプレイヤーが多数存在する。そのため、安全エリアの少し外側から背後の安全を確保して堅実に行動するのが最も安全な移動方法だ。

人気の少ない場所を利用

人が多く集まる場所だと、いつ狙撃されるかわからない。そんな中、高威力を持った狙撃銃で撃たれればほぼ確実にゲームオーバーになる。人が少ない場所を選んで行動しよう。

3.銃と部品の選択

おすすめはAWM

運が良ければ威力がバツグンな狙撃の王「AWM」を2本装備しておこう。
AWMのステータスと使い方

次点でM24

次点でのオススメは、射程もダメージも安定なM24だ。
M24のステータスと使い方

部品は消音器>消炎器>補正器

銃声で敵に自分の位置を知られてしまうと、こちらが狙われてしまう可能性がぐんと上がってしまうので、消音器をつけておきたい。
消炎器と消音器の比較

弾倉は迅速拡張弾倉>拡張弾倉>迅速弾倉

装弾数を増やして、リロード時間の短縮もできる迅速拡張弾倉がおすすめ。このモードでは、早く撃つよりも1発を確実に当てるほうが重要なので、次点でのおすすめ弾倉は拡張弾倉となる。

2倍スコープも有効

このモードでは8倍と4倍のスコープが重要になる。近接戦闘がほぼないため、中近距離戦闘に備えて、2倍スコープの銃を1つ用意しておくのが良いだろう。
スコープの使い方

4.他の装備品について

ヘルメットLv3が必須

狙撃銃を全員がゲットできる条件下での戦いなので、銃よりも防具を重視しよう。特にヘルメットはレベル3が必須だろう。M24でも有効範囲内であれば、レベル2のヘルメットも役に立たない。
ヘルメットの性能はこちら

破片手榴弾

次に重要なのが破片手榴弾だ。建物にこもるプレイヤーに対して狙撃銃では建物内の攻略が難しい。そのため建物内の敵には、破片手榴弾を投げ込むことが最も有効で確実な方法だ。
破片手榴弾の使い方

5.車両を活用する

おすすめはジープ

スマホのゲームであるため、射撃の精度は他FPSゲームよりも劣る。そのため、車両の移動中は狙いを合わせづらく、狙撃されにくい。安定性と防御のバランスが取れているジープに乗るのがおすすめ。

車両で直接敵を倒す

最終エリアは平原地帯の場合、このモードの主旨に反するが、車両で直接敵を押しつぶす接近戦もオススメだ。
車両の一覧と乗り方

荒野行動-スマホ版バトロワ攻略TOP