【荒野行動】100人で戦うサバイバル!ゲームの特徴や魅力を紹介

【荒野行動】100人で戦うサバイバル!ゲームの特徴や魅力を紹介

荒野行動-スマホ版バトロワについて紹介しています。荒野行動とはどんなゲームなのか?という疑問について、ゲームの大まかなルールや特徴について解説しているので、これから荒野行動を始める方などは是非参考にしてみてください。

荒野行動はどんなゲーム?

100人で繰り広げるサバイバルゲーム

荒野行動は無人島の中で、100人のサバイバルを繰り広げるFPS。銃器や回復アイテムといった資源を手に入れ、身を守りながら最後の1人になるまで生き残り続けることが基本ルールとなっている。
詳細なルールについてはこちら

豊富なスキンでキャラクターメイク

対戦をすると手に入る「銀貨」を使って、キャラクターの服装や、武器の見た目を変更できるスキン(外観)が購入できる。スキンを組み合わせ、自分だけのコーディネートをしてゲームが楽しめる。
スキン一覧はこちら

サバイバルならではの戦略性

豊富な武器とアタッチメント

武器の持ち込みはできず、毎回その場その場で手に入れた武器を使っていくことになる。15種類以上の武器とアタッチメントの組み合わせで、対戦のたびに異なる武器を使っての銃撃戦が楽しめる。
最強武器ランキングはこちら
武器のステータス一覧はこちら

地域の特徴を活かした戦略

舞台は毎回同じ島だが、広大なマップの中に「中央都市」、「レーダー基地」、「東の港」などいくつもの地域がある。資源が手に入りやすい施設や、身を固めるに有利な施設など、地域ごとの攻略ポイントを抑えた戦略が求められる。
各マップについてはこちら

時間経過で変わる環境

人数が多く、行動出来る範囲が広い序盤と、人数が少なく、行動範囲も狭い終盤では立ち回り方が大きく異る。終盤戦に備えた震源や施設の確保、攻防の切り替えなど、時間経過で変化する対戦が楽しめる。

オススメ記事
操作マニュアル武器の選び方オススメの設定
上達のための10箇条初心者狩りに会わない方法敵の位置を知る方法

荒野行動-スマホ版バトロワ攻略TOP