【荒野行動】六角に敵がいる時の立ち回りのコツ

【荒野行動】六角に敵がいる時の立ち回りのコツ


対戦型ゲームでは敵を見つけ、敵の位置を判断できれば、生存率と戦略が大きく変化します!荒野行動-スマホ版バトロワの六角で敵を見つけた時にどのように立ち回ったら最適かということをGIF画像を用いてわかりやすく解説しています。

六角に敵を発見した時の立ち回り

縁渡りが有効!


探索していて六角に敵を発見した場合、扉を開けて撃ち合うとダメージを受けてしまう確率が高いです。そこで、2階の縁を利用して窓から撃つことによって、敵の裏をかくことが出来ます。

実際に六角に敵がいた時の一例

縁を渡ってキル成功!

走って六角に向かっている時に窓から頭が見えています。敵はコチラに気がついていないと判断し、縁を渡ることでキルすることに成功しました。もし敵に気が付かれていたとしても、縁で伏せることによって敵からは身を隠すことが可能です。

六角とは?

六角形の建物

六角は画像のような丘などによくある窓付きの2階建小屋(実際は八角形)のことです。2階は窓が3方位にあるので身を隠しにくいですが、範囲が狭くなってきたときには身を隠すのに適した場所です。

小屋の立ち回りはコチラ
小技集はコチラ
荒野行動-スマホ版バトロワ攻略TOP