【荒野行動】武器切替時の仕様、待ち伏せ時に発見されにくい小技

【荒野行動】武器切替時の仕様、待ち伏せ時に発見されにくい小技

荒野行動-スマホ版バトロワ-のメイン・サブの武器切替時の仕様を紹介しています。武器によって切替時の動きが変わるので知っておくと発見されるリスクを抑えることができるかもしれません。ぜひ参考にしてドン勝を目指してください。

左側の銃を出す時と、右側の銃を出す時の動作

右側

一般的に印象に残るのはこちらの動作だろう。肩の上から銃を出すため、一度手と銃が上に上がる。

左側

あまり注目されていないのが左側から銃を出す動作。肩の上からではなく、脇の下からとリ出すため、手も銃も上に上げずに構えられる。

匍匐状態で同じ動作

右側

匍匐状態で銃を切り替える時も同じく、右側は大きく手を背後に回して、銃を肩の上から取り出す。この時、銃は「弧を描く感じで」取り出されるため、敵に発見される恐れがある。

左側

対して左側の銃は脇下から抑えて出す感じであるため、敵に発見されにくい。普段は右側の銃を装備して、待ち伏せや狙撃に使用する銃はなるべく左側に装備しておこう。

一瞬の油断が命取りとなる戦場、少しだけでも勝率を上げたいのであれば、こういった小さい仕様にも気をつけよう。

荒野行動-スマホ版バトロワ攻略TOP