「PUBG MOBILE」と「荒野行動」どこが違う?徹底比較してみた!

「PUBG MOBILE」と「荒野行動」どこが違う?徹底比較してみた!

5/16(水)に配信開始されたPUBGモバイルと荒野行動の違いを比較!スマホのバトルロイヤルで大人気の両タイトル。UIの違いやゲームシステム、ゲームモードや登場する武器など幅広い違いを細かく比較していますので、どちらに注力してプレイしようか悩んでいる方やこれからバトロワゲームをプレイしようとしている方は参考にしてください。

比較項目
ロビー画面 設定 プレイ画面
ゲームモード 武器 車両
キャラ着せ替え    

ロビー画面

PUBGモバイル:ロビー画面

PUBGモバイルのロビー画面は左上にゲームモード選択やゲーム開始ボタンがあり、設定やショップなどは右上にまとめられている。少し分かりづらいが、キャラの左奥の看板をタップするとシーズン情報を確認できる。

荒野行動:ロビー画面

荒野行動のロビー画面は右下にゲーム開始・ゲームモード選択があり、設定やお知らせなどが上に並んでいる。ショップや倉庫(所持品)などは左側に並んでいる。

それぞれに違いがある

PUBGモバイルはロビー画面でサーバー選択ができるようになっている。荒野行動は左側の「武器」からゲームに登場する武器のステータスや装着可能なアタッチメントを確認できる。

設定

PUBGモバイル:設定

PUBGモバイルは右側に設定項目が並んでおり、選択してそれぞれの設定を変更できる。

荒野行動:設定

荒野行動は左側に設定項目が並んでおり、選択してそれぞれの設定を変更できる。

一番の大きな違いは「自動取得(自動収納)」

設定画面は細かいところまで違いを挙げるとキリがないので割愛。中でも一番違いを感じたのは「自動取得(自動収納)」の設定。PUBGモバイルは"装備しているものよりレベルが高い場合取得する"や"銃器を2つ装備していない場合銃器を拾う"など、決められている項目全体のオン/オフを切り替えられる。一方、荒野行動は項目ごとのオン/オフの切り替えに加え、アイテム別に自動取得を設定できるようになっているため、より自分好みの設定に変更できる。

プレイ画面

※設定で操作ボタン配置などは変更できるため、未変更のデフォルト状態で比較。

PUBGモバイル:プレイ画面

PUBGモバイルは上部に方角、右上にミニマップ・設定・マイク・走り・チャット、左側に移動・バッグ、右側にしゃがみ・伏せ・ジャンプ、左右どちらにも攻撃ボタンがそれぞれ配置されている。

荒野行動:プレイ画面

荒野行動は上部に方角、右上にミニマップ・設定・マイク・走り・チャット、左側に移動・バッグ、右側にしゃがみ・伏せ・ジャンプ、左右どちらにも攻撃ボタンがそれぞれ配置されている。方角の左にスプレーの選択ウィンドウがある。

ほぼ同じ画面

アイコンの違いはあるが、どちらのプレイ画面もほぼ同じ。違う点を挙げるのなら、荒野行動にはスプレー機能があるため上部の方角の左にスプレー選択が表示されること。

ゲームモード

PUBGモバイル:ゲームモード

▲モード選択 ▲人数選択

PUBGモバイルのゲームモードは「CLASSIC」と「ARCADE」の2つ存在する。CLASSICは通常の最大100人で行うサバイバルモード。ARCADEは現在(5/17時点)では選択できないモード、恐らく期間限定のイベントなどが登場した際に使用するのだろう。

荒野行動:ゲームモード

▲レジャー選択 ▲モード・人数選択

荒野行動はロビー画面右下の「スクワッド(デフォルト)」をタップすると人数選択が出てくるが、ここは通常のサバイバルモードの人数選択になる。シングルの上の「レジャー」をタップすると期間限定で開催しているイベントモードの選択画面に移動する。

「人数」が大きな違い

PUBGモバイルは「SOLO(1人)・DUO(2人)・SQUAD(4人)」の3種類、荒野行動は「シングル(1人)・デュオ(2人)・スクワッド(4人)・クインテット(5人)」の4種類、それぞれ人数選択ができる。大きな違いは荒野行動の「クインテット」モードだろう。PUBGモバイルには存在しない、5人一組で挑むサバイバルモードになる。荒野行動のレジャーに登場するモードに関しては今後PUBGモバイルにも登場する可能性もあるので期待しよう。

武器

PUBGモバイル:武器

アサルトライフル 6種類
スナイパーライフル 4種類
マークスマンライフル 4種類
ショットガン 3種類
サブマシンガン 4種類
ライトマシンガン 2種類
ハンドガン 6種類
1種類
近接 4種類
合計 34種類

荒野行動:武器

アサルトライフル 10種類
スナイパーライフル 7種類
ショットガン 3種類
サブマシンガン 5種類
ハンドガン 1種類
1種類
近接 4種類
合計 31種類

登場武器の数ではPUBGモバイルが多い

2つのゲームに登場する武器を比較するとPUBGモバイルが34種類、荒野行動が31種類でPUBGモバイルの方が多く登場する。「多いからなんだ?」と言われてしまえばその通りなのだが、武器が多いということはそれだけ敵のパターンが増えるということでもあるので、PUBGモバイルの方が戦略の難易度が高いと言える。

車両

PUBGモバイル:車両

5種類
バイク 2種類
船(水上車両) 1種類
合計 8種類

荒野行動:車両

6種類
バイク 3種類
船(水上車両) 3種類
合計 12種類

荒野行動の方が種類が多い

登場する車両の数を比較するとPUBGモバイルが8種類、荒野行動が12種類と荒野行動の方が多く登場する。マップによって出現の有無があるが、荒野行動の方が移動の選択肢は多く存在する。中でも水上車両が多いので、戦略に幅を持たせてくれる。

キャラ着せ替え

PUBGモバイル:キャラ着せ替え

PUBGモバイルのキャラ着せ替えは、頭・顔・トップス・ボトムス・靴・パラシュートを好きなスキンに変えることができる。スキンはクレートを開くと入手できるほか、課金することで入手できるものもある。

荒野行動:キャラ着せ替え

荒野行動のキャラ着せ替えは、テーマ(背景)・マスク・トップス・ボトムス・シューズ・武器・パラシュート・リュックの変更ができる。スキンはショップでの購入やログインボーナスの軍資から入手できる。

項目が多いのは荒野行動

キャラの着せ替え項目が多く、自分好みのキャラにカスタマイズできるのは荒野行動。とはいえPUBGモバイルも全く着せ替えできないわけではないので、好みのスキンを入手したら着せ替えて他のプレイヤーに見せつけよう。

総評

どっちもプレイしよう!

色々な項目を比較してみたが、どちらも一長一短あり甲乙つけがたい結果になった(勝負していたわけではないが)。裏を返せばどちらもそれぞれに特徴的な良い面が存在するということでもあるので、どちらか一方と言わずどちらもプレイしてしまうのが良いだろう。プレイしてから吟味するのも良し、どちらも高ランクになるまでプレイするも良し、楽しみ方はアナタ次第!

PUBGモバイル攻略TOP 荒野行動攻略TOP