トップ 革命フロントライン 【革命フロントライン】防御塔の種類と詳細を紹介!

【革命フロントライン】防御塔の種類と詳細を紹介!

G123公式

今回はタワーディフェンスゲーム『革命フロントライン』でメインとなる要素の一つ「防御塔」についてご紹介します!膨大な数の敵兵から城を守護するためには「防御塔」が必要不可欠!この記事で「防御塔」の特性を把握して完全防御を構築しましょう!

防御塔とは?

革命フロントラインにおける重要な要素!

革命フロントライン』は特定の方向から侵入してくる敵兵を迎え撃ち、城を守る「タワーディフェンス」ジャンルのゲーム。そんな本作において、敵を迎撃するために設置するのが「防御塔」だ。「防御塔」には4つの種類があり、それぞれに特性が大きく異なっている。また「防御塔」はステージ内に複数設置できる。特性のちがう「防御塔」をどこに設置するかが『革命フロントライン』における重要な要素の一つになってくるのだ!

種類1・弓の塔

高ダメージ&射程抜群!

攻撃タイプ 対単体物理攻撃

最初にご紹介するのは「弓の塔」。弓だけに射程が長く、敵に与えるダメージも高い。この特性を活かして、ステージの真ん中~後方に設置するのがベストだろう。攻撃範囲が若干狭めなので、他の塔の攻撃をかいくぐってきた敵を迎撃するのに向いているぞ。

種類2・氷結塔

敵を凍らせ動きを鈍らせろ!

攻撃タイプ 対単体法術攻撃

次に紹介するのは「氷結塔」。青い氷を発射し、当たった相手の動きを遅くさせることができる「防御塔」だ。タワーディフェンスにおいて、敵の動きを遅くできるのは非常に有効。攻撃専門というより、敵の動きを鈍くし他の「防御塔」の攻撃を当てやすくするサポート的な役割に向いている。

種類3・雷の塔

広範囲攻撃専門!

攻撃タイプ 対集団法術攻撃

広範囲に攻撃可能な「防御塔」である「雷の塔」。広範囲に及ぶ雷攻撃で敵を一網打尽にできる。その特性ゆえに、まず敵の気勢を削ぐために前の方に置くのがベストだ。

種類4・投石塔

目くらまし&物理攻撃!

攻撃タイプ 対集団物理攻撃

最後に紹介するのが「投石塔」。巨大な岩を投擲し、着弾した地面を割って周囲にもダメージを与える「防御塔」だ。着弾時は敵にめまいを起こさせることもできる。高い威力と広い攻撃範囲を持つので「弓の塔」のように後方に置いても良いだろう。

おすすめの配置は?

氷結塔と雷の塔は前に設置!

広い攻撃範囲を誇る「雷の塔」はできるだけ前に置き、まずは敵にまんべんなく攻撃を浴びせよう。「氷結塔」でスピードをそいだら、「弓の塔」と「投石塔」の高い攻撃力で残りの敵兵を殲滅するのがおすすめだ。

革命フロントライン攻略TOPはこちら

コメント